« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

その後のジュニア

毋が突然入院した。
年に一度の市の健康診断でどうやら引っかかったらしい。
その日のうちに入院、検査等々の日が続く。
心配する家族も何も手に付かない様な日々が続いていた。
そして一通りの検査も終えとりあえず結果待ちとなった日。


ハッ!!!とした。


2週間前から患っていたコングの膀胱炎。
こちらも再検査があるって事を思い出した。
薬も飲み終わり、再度尿検査があったのだった。
・・・やばい・・・
薬はとうに飲み終わっているではないか。
慌ててみたもののその日はなんと休診日。
仕方なく1日待った昨日、尿を持参し再検査へ行った。

待合室では扉の向うの診察室を覗き込み
相変わらず勝手な恐怖を想像しブルブル震えるコング。

 Photo_588


しばらくして中から「コング君どうぞ〜」の声。
我先にと低姿勢のまま小走りに入室するコング。
     ? ? ? ? ? ?
恐いのか恐くないのか一体どっちなんだ?
いつもの事だが不思議な行動をとるのである。

そして関係ないが先週に引き続き体重を量ってもらう。
・・・・・・・26.5kg!!増えているじゃないか(汗
まぁ梅雨だしね〜〜〜。と自分を納得させる。
が、納得している場合じゃない。
頑張れ自分。心を鬼にして!頑張ってくれコング!


そして検査結果が出た。
「白血球の数値も下がりました。もう大丈夫ですよ」


よかったね〜!コング!
もう、ジュニアは痛くないんだね。
心配してくださった皆さん、コングは完治しました♪


そして、今日も元気に(?)窓辺でアゴを掻いている。


足を使え!足を。それがムリならせめて自分の手を使え!
そんなんだから痩せないんだぞ!!

| | コメント (13)

その後・・・

コングが膀胱炎と診断されてからちょうど1週間。
抗生剤を毎日投与しシッコも大分順調に出る様になった。
そして1週間目の今日は尿検査を行って来た。

シッコの量も増えたしPHの値や結晶が見られなければ
膀胱炎はもう完治すると思って臨んだ尿検査。


だが、甘かった。
PH値も問題ない。結晶も確認されなかったのだが、
白血球が未だに異様に多い事が確認されてしまったのだ。


結局、炎症は治まってはおらず引き続きもう1週間、
抗生剤投与をする事になった。
そして再度の尿検査である。


順調に治って来ていたと思っていた私はプチ・ショック…
でも、結晶が確認されなかったという事実があるので
良しとしよう!


連続の薬投与のせいで胃が荒れているのか、
何度か胃液を吐いたりしているコングにあと一息頑張って
もらうしかないな〜。

ご心配して下さったみなさん。
まだ治療は続きますが、コングは元気です!

 Photo_583

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで巷で今流行の脳内メーカー
流行に乗り遅れまい、とやってみた。

続きを読む "その後・・・"

| | コメント (22)

恐怖

今日のコングはまだまだ怠そうである。


Photo_580

実は日曜日の夜の事。コングの様子がおかしくなった。

何度も何度もトイレにいくものの何も出ず部屋に戻る…
その繰り返し。
いつもの様にお腹が下ってるのか?と外へ連れ出した。
うんちは普通。
しかし何故だかシッコポーズを何度も繰り返すのだ。


いつからマーキング癖がついたの?


なーんて思いながら帰宅後体をタオルで拭いたら・・・
タオルに血!
ひえぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
しかも出血の場所は何とチンチンからであった。

大変だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

実はこの時「ゲンジパワー」を読んだ直後の出来事。
これは膀胱炎に違いないっ!
慌てた私は病院へ電話してみたが既に診察終了後・・・
一晩様子を見るしか仕方がなかった。


その後もトイレ往復の繰り返しで辛そうなコング。
見ている私もかなり辛い。
そしてその夜は添い寝する事にした。


しかし横になる事も侭ならず夜中コングはトイレの往復。
そして出たとしてもポタポタとしか出ない尿。
それに加え、血尿と更には血の塊までもが出て来る始末
その後コングも私も一睡も出来ないまま翌朝1番で病院に
駆け込んだ。


「なに?血尿?…このコの場合酷い状態だと厄介だな…」


その言葉にドキドキしながらのエコー検査。
その厄介な物・・・結石
しかしその陰は見当たらず出された診断は膀胱炎だった。
尿道が炎症を起こし腫上がっているという。
そして膀胱は硬くなり収縮が利かなくなっていると言う。
しかも普段通りに尿を溜める事が出来ていないらしい。
そして自力で尿を押し出しきれず残尿がある為に
何度も何度もトイレへ行くのだという。


なのに私ったら、
膀胱の状態も知らずに水分を摂らせようと水を飲みな〜
と執拗に迫っていた。パンパンで辛かったろうに・・・

この突然の膀胱炎の発症。
◎シッコの量がいつもより少ない。
◎シッコがいつものニオイと違った。
◎シッコを我慢させた。
◎水を我慢させた。
などの心当たりはなかった。

なのに兆候がないまま突然血尿が出るなんて・・・
見落としていたのだろうか・・・
何かのサインはあったのだろうか・・・
やはり高齢に近づいて来た為に免疫力の低下だろうか…
うちのコ健康優良児〜♪などと日々思っていた事もあり
今回の出来事にはかなり凹んだ。

そして炎症止めの注射を打ち抗生物質&利尿作用のある
サプリメントを1週間分処方された。
そして1週間後、尿を持参し尿検査の予定である。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  

続きを読む "恐怖"

| | コメント (21)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »