« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

初恋♡

先週の土曜日。
かねてから公私共にお付合いのあるIさん一家とスキーへ行って来た。


Img_0300_2

今回のメンバーはIさんご夫妻、そして二人のお嬢さん達である。
その二人のうち、ギャルAちゃんとは実に10何年振りの再会。
久しぶりに見た彼女達。昔は可愛いらしい女の子だったが今は立派な女性へと成長していた。

大人世代はもちろん皆スキー。
ギャル達はというと、やはりスノボーなのだ。
しかも上手い。
やっぱり今時のコだよ、としみじみ年の差を実感・・・


私はと言うと15年振りの楽しみにしていたスキーだったのだが、身体がボロボロになる前に、と若いギャル達には悪いが早めに切り上げ帰宅することに。


家に着くなり「待ってました♪」とばかりにルビーとコングの熱烈な突進のお出迎え。
「きゃぁ!かわっい〜♡」とギャル達に言われてすっかり舞い上がってしまった我が家のドテちんコング。
コングが目をつけたお相手は、ちょっとだけ面識があったギャルBちゃんだった。


Photo_178

もうメロメロなのだ。

Photo_179

重度の内弁慶のコングが私以外にヘコったのは初めてである。
そんな姿を見た家族はビックリ仰天。


Photo_181


やはり若いおなごが宜しいのか?そりゃ若いに越した事はないのだろう犬も人間も・・・と妙に納得。
しかしちょっと悔しいのである(笑)


気を取り直し今回のもう一つの楽しみ、夜の部の開幕であーる♪
いつもそうなのだが、みんなで囲む食卓は実に楽しい。

Photo_176
Img_0326_1

今回もまた食べて呑みまくるこぶるぶ家。
シャンパンに始まり、ビール、ワイン、バーボン・・・まるで切りがない。
翌朝数えたら空のワインが計4本・・・(驚)

よくよく考えるとこぶるぶ家の周りには必ずと言っていい程いつも酒豪達が集まる。
これって「類はナントヤラ」???
しかーし!
思いっきりスポーツをした後のお酒は何て旨いんだろう。まさに五臓六腑に染み渡るってのはこうゆう事か!と実感した日でもあった。


そして一夜明けた次の日も、コングの熱烈なラブアタック攻撃を受けるギャルBちゃん。
惚れてしまった様である。これって初恋?


Photo_185

その後の2ギャル×2鼻ぺちゃコンビはすっかり打ち解けた様子で飼い主の私が羨む程の仲になっていた。


Photo_186

| | コメント (4)

キレイキレイ

プ〜ンと漂って来るコオバしい薫り・・・
先週末も遊びほうけ、気が付けばもう1週間以上。
そりゃ匂うわけだ。

今週末には知人がお嬢2人を連れてやってくると言うじゃないか。
そのうちの一人、ギャルAとは初対面なのである。
このままじゃ会った途端に卒倒しかねない。
そこで洗濯日和だった今日、重い腰を上げルビーとコングも洗濯することにした。


「お風呂入るよーっ」

Photo_159


身を潜め頑なに拒否。
そんなルビーとコングに「ギャルが来るから」と
半ば強制的にお風呂場へ。
しかしまた座り込んでしまう。


Photo_160

往生際の悪さに一喝!


Photo_173

渋々入って行く。


Photo_174

緊張してるようである。
しかし容赦せず、シャカシャカ、ジャブジャブ


Photo_164

続いてコング


Photo_165


あ〜さっぱりした


Photo_172

どうやら今すぐにギャルに会えると思っていたらしい。


Photo_170

ダマされたと思ってる様であった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ダンディズム

暖かな小春日和の散歩道。

ターゲットを見つけぐんぐんリードを引っ張るコング。
「パクっ!」また食べた。
いつものプチ食事。
またもや石っころ・・・前菜のつもりだろうか?


一発叱り飛ばしていつもの公園へ。

公園にはルビーとコングのお友達が。
そんなワン友たちとのおしゃべり中、また始まった。

口が膨らんでいる・・・


Photo_146


今度はメインディッシュか?


Photo_147


何を食べてる?


Photo_148


ゲッ!花火の破片ぢゃないか。


Photo_149


食後の一服らしい。
ちょい悪オヤジを気取ってるつもりか?

Photo_156


しかしどう見ても葉巻をくわえた『万俵 大介』である。

続きを読む "ダンディズム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12時間

遅ればせながら先週の土曜日の話。
かねてからの計画だった『新年会』と称したパーティに
お招き頂いた。

会場はI邸。
『館』と言っても決して過言ではないくらいに素晴らしく広くて立派な豪邸に手作りリースとワインと絵本を手土産に伺った。


Img_0185_1

そんなI家のN氏は空を飛び回るパイロット。
そしてヘタクソなリースを快く喜んでくれる、とても
心優しい元CAのYちゃん。
まさに皆の憧れの存在の夫婦である。


スタイリッシュな美貌の持ち主Yちゃんは外見だけの女じゃない。
中身もスゴいのだ!見よ、この食卓を。
これぜーんぶYちゃんの手作りの品々である。
まさに女性の鏡の様なYちゃんなのだ。

Photo_134


す、す、素晴らしすぎる!!
まるでレストランに来たかの様な光景に思わず感動。


そしてこちらが昨年めでたくお兄ちゃんとなったT君。
やんちゃ盛りの“愛弟家”。
弟K君が誕生してキス魔と変貌を遂げた様子。
キスのし過ぎで弟に風邪を移してしまう程だと言う(笑)。


Photo_137

時刻は12時半。
お腹も鳴り出したところで「カンパーイ♪」


Photo_138


楽しい宴の始まり始まりぃ〜♪。


Photo_145

乾杯のビールに始まり→赤ワイン→白ワイン・・・
まさに酒豪達の集い。
さらに程よく酔いが回ってきた頃にドドーンと出てきた
「百年の孤独」!!


Photo_140


なかなか手に入れる事の出来ない逸品である。
初めて口にするその酒はとても辛く大人の味わいだった(嬉)。


酒量もドンドン増えていき、酔いも絶好調。
ふとT君を見るとこちらもヒートしていた。
すっかり周りの雰囲気に酔った様である。

Photo_141


すっかり酔っぱらいと化したこぶるぶ家の亭主。
毒舌具合も最高潮。
事もあろうかN氏に向かい毒を吐きまくる・・・
何と言うことだ。。。失礼極まり無い。
さらに時計を見るとなんと22時を回っているではないか!

その後は旦那同士の『ザ・討論会』に変わり、
しばらく放っておくこと約2時間。
既に時計の針は0時を回り、呑み続けてから12時間も経過してる。


Photo_142遠慮を知らないこぶるぶ家。
I家の愛猫ココちゃんも呆れ顔である。
『朝まで討論会』になる前にストップをかけ酒豪2家族の楽しい今宵のパーティはお開きとなったのであった。

本当に美味しい手料理と珍酒と最高のおもてなしをありがとう!
そしてYちゃん、お疲れさま♡

続きを読む "12時間"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

戦い

先日の嵐は春一番だとお天気お姉さんが言った。
それを聞きダンナが『元気ですか〜!』…(違うだろっ)

今日は一転、気持ちよく晴れ上がった青空。
日が暮れる前に散歩に出た。


Photo_115


Photo_116


公園に向かう。


Photo_117


って、1日振りじゃん。


Photo_118


ルビーはお決まりのグリグリ。
そしてコングもお決まりの・・・

続きを読む "戦い"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

暖炉

昨日はワインを飲み過ぎて今日は久しぶりの二日酔い。


昨夜、ダンナから1本の電話があった。
物凄い風で電車が止まってるらしい。
再開の見通しは後3時間後との事で仕事が終わる頃を
見計らって嵐のなか車で迎えに行く事になった。


そこで、思い出した。
☆St.Valentine day☆だって事を…(汗)
行事毎の私へのプレゼントを必ず欠かさないダンナ。
そしてズボラな私・・・
とりあえず間に合わせのチョコを買い目的地へ向かった。

大嵐の中、目的地に無事到着しダンナをピックアップ。
ところが思わぬアクシデントが。
なんとワイパーがぶっ壊れた。大雨なのに。
しかも運転席側だけ・・・(恐)
さらに大大大大大渋滞!!!
たった3駅区間を2時間もかけて帰った-3-3-3
前は見え難いし混雑してるしでホント疲れた。


今夜はイタリアン
(↑さっきの電話でリクエストされてた)
ダンナは忘れてなかった。
V.Dって事を。(ちゃっかりしてんな)
ワインの在庫が無かったため途中スーパーに立寄りワインを物色。


そこで見つけたDVD付きのワイン。
パッケージには魅力的な言葉。

『貴方の部屋のテレビが暖炉になる』

マジですか?
ミディアムボディのカルベネ・ソーヴィニョン。辛口。
トマトソースのパスタに、と書いてある。
このワインを買って帰ることに。


W_32


憧れの炎。
異母弟よっちゃんの週末の家には素敵な薪ストーブがある。
[http://www.chocomint-candy.jp/yotchan/yotchan.index.html]


以前お邪魔した際に実際に見てからと言うものの
欲しくって仕方がないこぶるぶ家。

早速、DVDスタート。

続きを読む "暖炉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再会の後

N家は皆、魚介好きだという。
しかしNさん一家の住む浅間山の麓では、新鮮な魚介類にお目にかかれることが少ないらしい。
お山の家の近くでは魚介も新鮮なものが手に入りやすい。
なかでもN家のS子さんはマグロが特に好きらしく、加えて私も大のマグロ好きである。


「やっぱり日本人はマグロでしょ〜♪」
ということで本日のランチ決定!
さっそく新鮮なマグロをいただけるお店へと向かった。


山の麓にあるのに『海の家』
見よ!堂々たる姿を、このボリュームを、そして輝き。
その名も「天然まぐろ重!!!!」

W_31


Photo_38

切り身の下にはネギトロまで入っていてしかも魚出汁の利いた味噌汁に小鉢まで付いてなんと¥680。
心もお腹も満足したN家とこぶるぶ家。


葡萄の収穫の頃にまた逢う約束をし、楽しい再会は幕を閉じたのである。

続きを読む "再会の後"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再会

雪はすっかり姿を消し、昨年植えたモクレンには新芽が顔を覗かせていたお山の家。


W_28W_30

この連休、久しぶりの来客があった。


以前、同じマンションの住人だったNさん一家。
実は現在長野で“萬果園”という果樹園を営んでいる。
そしてこの連休を利用して、収穫したリンゴで作ったジュースや杏のジャム、そしてコシヒカリ米をお土産に
こぶるぶ一家に会いに来てくれたのだ。
実に2年振りの再会である。赤ちゃんだったN家のFちゃんももう少しで3歳だという。
時の経つのは早いものだ。


今日は再会を祝し、ワインで乾杯しようと
近所にあるお店でスモークチーズを買い、夕食の準備。

Img_0111_1

お互いの近況を話したりしながらの楽しい夕食。
今夜のメニューは牡蠣のスープとステーキと地元野菜の鉄板焼き。
このスープ、牡蠣とミルクで作るため、まろやかで口当たりも良くお子ちゃまにもグッド。

まずバターを溶かしニンニクを炒め香り出したところで牡蠣も入れさらに炒める・・・

Photo_32


出来上がった牡蠣のスープ写真を撮るのも忘れる程に、
再会を喜び合う楽しい宴は翌朝近くまで続いた(汗)。


そしてもう一つ

おもしろかったFちゃんとコングのビミョ〜な関係。

続きを読む "再会"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新春アレンジメント

2月のお花の教室は春の花々を使ってのアレンジメント。


Photo_89Photo_90
ピンクがかわいいスプレー薔薇。
その名も「ストロベリーパフェ」なんともおいしそうな名である。
右が繊細で優しい印象の色合の「ラナンキュラス」


Photo_92Photo_94


そして「豆スイトピー」
普段目にするものとは少し花びらの形が違い、
見た感じは小さい胡蝶蘭のよう。
いま最も旬な「菜の花」
淡く優しい色合いの「チューリップ」と「カーネンション」


W_19

リンリンと音が聞こえてきそうな「グリーンベル」

こぼれ落ちそうな白い花がかわいい。

Photo_87


実はこれ、帰宅してからアレンジし直したもの。
花の教室でアレンジしたものの上手くまとまらず…(泣)
先生にポイントを教えて頂き再チャレンジした。
ポイントに入れた「ガーベラ」は浮きすぎ?

さてさて、評価の程はいかがなものか?


※後ろに見えるのは「玉シダ」とギザギザの葉の「リビストニア」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大興奮

「ゔわゎゎ〜ん、ゔぎゃゃゃ〜ん★□●△◎☆@!!!」

興奮のあまり叫び出すコング。

その先には広大なドッグラン(←ホントは違うけどね)

W_9


そしてすばらしい瞬発力で走り出す。


W_10

ただし持久力は持ってない。


W_11

そして栄養補給。


W_13


楽しくって、


W_14


仕方がない

W_18

コングであった。

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘密の場所へ

雲一つなく晴れ上がった素晴らしい青空。

そうだ!


Photo_71

今日はルビーとコングの大好きなあの場所へ行こう!


この路の先にあるあの場所へ。

W_2


ここへ来ると、コングは感動のあまり雄叫び、
ルビーもまた地面が冷たい事をも忘れ走りゆく。(←最初だけね)

W_3
W_4


そして気分爽快になったコング


W_5


何をするのかと思いきや

W_6
W_7


身体も爽快になったようである。(失礼)


そして、その先に見えてきたものは・・・

W_8

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のスケート

鳥のさえずりで目を覚ます、お山の家。
気持ちのいい朝。


Photo_31Photo_54


晴れ上がったぽかぽか陽気。
コングとルビーも気持ちがいいらしい。


Photo_37


いつまで微睡んでるの?

Dsc_0544_1

「行くよ〜!」


Photo_55

森の散歩へ出かけよう。

Photo_68


暖かな日差しはあるものの、気温はというと0℃である。

Photo_69

路は溶け出した雪でできたスケート場。

Photo_66

張り切って出たはいいけど・・・
4駆じゃない人間は犬のように上手く歩けず、
早々に切り上げることに。


Photo_67

その代わりおもちゃを買いに行こう!

続きを読む "森のスケート"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フードボウル

お山の家に合うようにと、用意したルビーとコングのお揃いのボウル。
アンティークの物で見た目が結構かわいい。
フックに下げれてインテリアとしてもgoodなのだ。

Photo_35

フードを入れてみて見ると・・・
大きすぎて、ルビーの方はちょっとみすぼらしい。

しかしコングがこぼさずに食べれるので尚よいのである。


Photo_23


そして、お湯を注いで

「待てっ!」


ひたすら待つこと5分。


Photo_65


コングの口がヨダレでベロベロになったところで

「よしっ!!」

完食は5秒・・・である。


ちなみに、自宅での食器は
これ↓

Dsc_0608_1

コングの顔より小さいため、いつも食器の淵に手を添えて与える。
これはこれでかわいいのだが、手がヨダレでべちゃべちゃになるのが難である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

極寒

夕方前の暖かな日差しの中、
まだ日のあるうちに着くようにと昼寝中のルビーとコングを起こしお山の家へと向かった。


混雑した首都高を抜けひたすら走り続けること1時間半。


インターを下りた所での気温は既に2度。
暖かな我が家とは気温差-8度である。


Photo_48

さらにお山の家を目指し、突き進む。


グングン、グングン突き進む。


「ようこそお山の家へ」

Photo_49

2週間振りのお山の家。


A_4


寒さなんて気にしない。

A_5


遊び疲れて、ルビーが待つ家の中へ。


優れものの巨大FF式ストーブを点け、
室内を適温の20度に設定。

A_7


しかし寒い。

さらにアラジンのストーブにも火を点ける。
そして喉を潤すために最近買った、ルクルーゼのケトルを乗せ湿度も上げて冷えきった身体を温める。

A_6Photo_24

しかし寒すぎる。
こんなに寒く感じるなんておかしい。
一体外は何度なの?
外気温系を見に洗面所へ。

Photo_21


ひぇ〜!
7時の段階で既にこの気温。
今夜はマイナス何度まで下がるのか???


今夜は鍋にしよう!

続きを読む "極寒"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お昼寝

今日もまた、眠ってる。

Photo_39


すやすや、すやすや・・・


Photo_16


気持ち良さそうに眠ってる・・・

P1010264


ん?
震え出したぞ。

Photo_42


       やっぱり狭いのだろうか。
Photo_44


そろそろ起こして、お山の家に出発しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優れもの

それは、bodumのグラス。


P1010283


呑べぇのこぶるぶ一家。
お酒によって色々な種類のグラスを用意する程である。
ビールの時はより泡がなめらかにと、おいしく飲めるようなグラスや陶器のものをチョイスする。
ビールだけじゃない。
芋焼酎の場合はコレ。日本酒の場合はコレ。etc...用意する方は結構面倒だ。
そこで今回は普通のグラスじゃ飽き足らず、新たなグラスを購入した。


その名もボダム ダブルウォールグラス。
熟練した職人による手作りである。

2重構造になってるこのグラス。グラスの中間層に空気が含まれている。
要するに外気による中身の温度変化を防ぐ断熱増である。
これにより、暖かい物は暖かく、冷たい物は冷たく保つ効果があるのだ。


例えば、焼酎のお湯割り。
普通のグラスでは、お湯を入れると熱さが手に伝わり、冷めるまではなかなか持つのも一苦労である。
しかしボダムは違う。2重構造だから熱さが手に伝わりにくいからグラスを持つ時、ドキドキしなくてもよいのだ。
逆に、冷たい物でも側面に水滴が付きにくく、氷を入れなくても冷たさを保持できるという優れもの。


しかも驚きはこれだけじゃない。
なんと電子レンジでの使用もできる。こりゃすばらしい!!
1種類で何通りもの飲み方ができちゃうのだ。

ただし、注意点も・・・
熱いコーヒーや紅茶を入れてブレイクタイム…なんて時。
ボダム使用であることを忘れボーッとしてると舌を火傷するから要注意。
結構、手で持った感じと中身の熱さの差があるのでびっくりする。

まぁ、呑べぇのこぶるぶ一家としての使用目的はほとんどがコレであるから心配はいらない。

続きを読む "優れもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなぺちゃ

いつもコングのペースに振り回され、ゆっくりと散歩できずにいるルビー。


暖かかった昨日、たまにはゆったりと散歩させてあげようと二人だけで出かけた。
引っ張る力もコングに比べりゃ大したことなく、ルビーとの散歩は実に楽である。


公園に着くと、「いるいる!」
穏やかな陽気のせいかいつもよりたくさんのワン達が。


まず、ボストンテリアのタロウ君。
いつもママとのキャッチボールを楽しんでる、ルビーより一回り大きく元気いっぱいの男の子。
ルビーのボールが気に入ったようで、自分のと二つ並べて選定する。
選んだのはルビーのボール。やっぱり人の物がいいらしい。今日も力一杯飛ぶ様に走っていた。


P1010254P1010252_1

久しぶりに会えたブルドッグのモモカちゃんとパグのはなみちゃん姉妹。そしてパグのラッキー君。こんなにも鼻ぺちゃが勢揃いするのも珍しいことだ。


P1010244P1010243


当のルビーはというと、特に遊ぶ様子もなくひたすら匂い嗅ぎに徹する。
遊べよ、せっかくなんだからさ。


その後「ピーピー」鼻を鳴らし始めて、もう帰ろう、と。
やはり一人じゃ寂しいのか。
こんなことならコングも連れてくりゃよかった・・・
ちょっぴり後悔である。


P1010257


そして夕暮れが近づきコングが気になりはじめ家路を急ぐ。

P1010261

そして家に戻り「コンちゃ〜ん、ただいま〜♪」
ところが応答はない。

続きを読む "はなぺちゃ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »